不動産探しのポイント

実際に不動産会社で働き、物件を管理・仲介してきたスタッフが、不動産探しのアドバイスをさせていただきます。

目次

1. 岡山で土地を探すポイント
岡山で土地を探す時の基本をご紹介します!
2. 岡山で中古住宅を探すポイント
中古住宅のメリットと探す時のポイントをご紹介。
3. 中古マンション・中古一戸建て
購入チェックポイント

2.岡山で中古住宅を探すポイント

中古住宅のメリットは?
1.低価格
中古住宅は、人の手に渡って使用されたものなので、状態が良い物件でも新築より低価格でお求め頂けます。同じ立地条件でも、築年数が古いものの方が価格が安くなる傾向にあります。
2.リフォーム可能
中古住宅は購入後リフォームをすることで住み心地をアップすることもできます。自分のこだわりたいところだけお金をかけたり、DIYをしたりと、より手軽に居心地のいい空間にすることが出来ます。
2.種類豊富
中古住宅と新築。どちらが物件数が多いかは一目瞭然です。家よりも立地を重視したい方にとって、中古住宅の方が理想の立地条件を満たす物件を見つける率が格段に上がるのです。

中古住宅

築年数を見てみよう

新築と大きく違うポイントはここです。見た目は新しく、キレイな状態でも耐震性など、内部構造についてはどうでしょうか?
新耐震基準が施行されたのは1981年なので、それ以降の物件かどうかが1つの判断基準になります。それでも耐震性は家づくりにおいて重要なことなので、少しでも不安に感じた場合は専門家に尋ねることも出来ます。

築年数

管理・改修の履歴はどうなっている?

管理が行き届いた物件やマンションにはその住宅に関する履歴が残されている場合があります。中古住宅の持ち主(売り主)が知っている不具合や改修、点検の履歴を教えてもらいましょう。その物件の歴史を知ることで自分の知らない第三者が住んでいた不安を解消することもできます。

マンションであれば共有して使うようなゴミ置き場などがきちんと管理されているか。などが挙げられます。
さらにその履歴が書面として残っていればなお信頼が出来る物件ですね。

管理・改修

立地状況

こちらは新築でも言える事ですが住宅の価値を決める大事な要素である立地は中古住宅でも重要な項目です。自分にとっての利便性や住み心地はどうなのか?実際に住んでみてから不便と感じても変えようがないので、できれば現地に行ってみましょう。
また朝と昼間、夜では環境が変わったりと気づく点も違ってきますので時間を分けて行ってみるのも立地状況を知る手段です。

移住希望先で岡山県2位に NPOが12年調査
東京で昨年行われた、移住相談者への希望地域(都道府県)アンケートで岡山が第2位に選ばれました。従来、首都圏から200〜300キロ圏内の人気が高かったのですが、大震災で災害や放射能の影響が少ない中四国などへ移住希望が広がっています。東日本大震災がまだ記憶に新しい現在の日本ではこういった側面から立地状況を見ることも重要になってくるのではないでしょうか。
[ 詳細はコチラ >> 山陽新聞Web News ]

立地状況

リフォームについて

リフォームをしたいと考えられている方はどのくらいの規模までOKなのか確認しておく必要があります。間取りの変更など大規模なリフォームは許可していない物件もあります。持ち主や売り主とよく相談して決めましょう。
また増築の際に、建ぺい率や容積率は法律によって定められた基準があるので規定内かどうか調べておく必要があります。この他にも、自治体によって定められていることもあるので事前に確認しておくと安心です。

リフォーム

ページトップへ